伝統工芸のれんや風呂敷に魅せられて

おしゃれなのれんを製作するコツ

のれんを製作する時には、どんな目的で作るのかを考えなくてはなりません。

お店の入口に飾りたいのか、自分の部屋の中のインテリア代わりとして
作りたいのかによって考えていく必要があります。

用途に合わせて製作をしなければ、いいものを作り上げることが
出来ませんので、 どこに飾るのかをはっきりさせてから作るようにしましょう。

配置が大事

おしゃれなのれんを製作したいのであれば、長さにこだわって作ることです。
デザインによっては、あまり長いものを作ってしまうと、
野暮ったい感じになって しまいますので、デザインや色に合わせて
長さも決めるようにしなくてはなりません。

長ければのれんの主張は大きくなりますし、短いものを製作すれば
飾る場所との バランスが必要になってきますので、どのくらいの
長さにするかをじっくりと 検討する必要があります。

部屋の中にのれんを飾るのであれば、長いものを製作すれば
縦長を 強調することもできますので、部屋の広さを
広く見せることにもなるでしょう。

強調したい部分

淡い色よりも濃い色を選ぶ方がインパクトがありますので、
部屋の中では 目立つことになります。

しかしお店の入口にのれんを出す場合には、どの時間帯に
営業を しているのかによっても決めなくてはなりません。

夜の時間帯に営業するのであれば、店先の明かりが少ない場合
のれんが夜の闇で存在が目立たなくなる場合もあります。

どうしても暗い色を選びたいのであれば、ライトを
テラスなどの工夫をして乗り切りましょう。

sponsored link


最初 悪い循環 のれん ふろしき 総評 link おしゃれなのれん sitemap