伝統工芸のれんや風呂敷に魅せられて

sponsored link

はじめに

今日本の中で培われたきたメイドインジャパンの

クオリティがどんどん下がってきていると思う。

なぜなら日本人が不景気という理由で日本製を

買わない。

でもブランドは買う。

名前が人を惹きつけるのか。

ブランドならではの品質がやはり良いのか。

ブランドの強み。

これは不思議なことだ。風呂敷を使って簡単リメイク   

海外生産

高いものでも海外ブランドは売れているように思う。

どんな時代もブランドと呼ばれるものに人は弱いのか。

海外への憧れか。

日本はどうなっていくのだろうか?

京都で風呂敷やのれんを見ていると、 ふろしきの良さ
やのれん通販の質がとっても高いことが良くわかる。

質が良い

日本人がブランド志向になる理由とは

風呂敷や暖簾と言った古くから日本にあるものが注目されるようになり、
バブル時代のブランド一辺倒の時代から変化が見えてきているように感じられます。

バブル時代はとにかく派手なもの、自分を強く主張することができる
ブランド品に人々は群がりました。

ブランド物というのは、それだけでネームバリューがあるので、
手っ取り早く自分の価値を高めてくれる役割を担います。

多少値段が高くても、当時は好景気だったので、値段を気にせず購入するなど
大量消費の時代にありました。

使わなくなったら新しいものを買って、古くなったら捨ててしまうという
消費社会を気づくことになったのです。

しかしながら、長らく経済が低迷する中で、日本人のブランド志向や
ブランド熱も変化が訪れるようになったのです。

風呂敷は何度でもリサイクルすることができるので、長持ちさせることができます。

最近では、ビジネスシーンでも利用できるようなお洒落なデザインの
風呂敷が登場し、様々な場面で使用する機会が増えてきました。

一時期極端な大量消費時代にあった日本でしたが、景気の低迷と共に
人々の消費活動が抑制され、ブランドでなくても長く使い続けることが
できるものを好むように変化してきたのです。


最初 悪い循環 のれん ふろしき 総評 防炎加工 おしゃれなのれん 基本 京都のれん sitemap