伝統工芸のれんや風呂敷に魅せられて

sponsored link

はじめに

今日本の中で培われたきたメイドインジャパンの

クオリティがどんどん下がってきていると思う。

なぜなら日本人が不景気という理由で日本製を

買わない。

でもブランドは買う。

名前が人を惹きつけるのか。

ブランドならではの品質がやはり良いのか。

ブランドの強み。

これは不思議なことだ。風呂敷を使って簡単リメイク   

海外生産

高いものでも海外ブランドは売れているように思う。

どんな時代もブランドと呼ばれるものに人は弱いのか。

海外への憧れか。

日本はどうなっていくのだろうか?

京都で風呂敷やのれんを見ていると、 ふろしきの良さ
やのれん通販の質がとっても高いことが良くわかる。

質が良い

日本人がブランド志向になる理由とは

風呂敷や暖簾と言った古くから日本にあるものが注目されるようになり、
バブル時代のブランド一辺倒の時代から変化が見えてきているように感じられます。

バブル時代はとにかく派手なもの、自分を強く主張することができる
ブランド品に人々は群がりました。

ブランド物というのは、それだけでネームバリューがあるので、
手っ取り早く自分の価値を高めてくれる役割を担います。

多少値段が高くても、当時は好景気だったので、値段を気にせず購入するなど
大量消費の時代にありました。

使わなくなったら新しいものを買って、古くなったら捨ててしまうという
消費社会を気づくことになったのです。

しかしながら、長らく経済が低迷する中で、日本人のブランド志向や
ブランド熱も変化が訪れるようになったのです。

風呂敷は何度でもリサイクルすることができるので、長持ちさせることができます。

最近では、ビジネスシーンでも利用できるようなお洒落なデザインの
風呂敷が登場し、様々な場面で使用する機会が増えてきました。

一時期極端な大量消費時代にあった日本でしたが、景気の低迷と共に
人々の消費活動が抑制され、ブランドでなくても長く使い続けることが
できるものを好むように変化してきたのです。

 

室町時代の商家が発祥!「のれん」の歴史

のれんのようなものは平安時代の末期にその原型が始まったと言われています。
当時は無地の布を一般の家が玄関のところにされたのが始まりとなっており、日よけや虫除けなどの目的で使われるものでした。
これが鎌倉時代に入ると武士の家で象徴的に利用されるようになり、当時苗字や家紋を見せることを好んでいた武士たちが暖簾に自分の苗字を記すようになってきたことから、文字入りのものが出回るようになってきたのです。

しかし鎌倉時代は武士が強い力を持ち、商人などはその片隅でひっそりと商売を行っているのが一般的であったため、小人が自分の名前の入ったのれんをかけるようになるのは室町時代になってからです。
この時代になると幕府が商業を推進したこともあり、商人の力が非常に強くなってきたと言われています。

そのため武士と同様に家の前にのれんを掲げるようになり、その中に店の名前などを大々的に記すようになってきました。
そのため、この時代からはその後に続く一般的に見られるような店舗の屋号を大きく記して看板のようなものとすることが流行となってきた傾向があります。

しかしこの時代ではまだのれんに家紋を入れると言う人は少なく家紋を入れると言う人は少なく、これが頻繁になったのは江戸時代に入ってからです。江戸時代はそれまでの時代に比べ家柄を重視する傾向が強くなり、対外的にもその屋号を使って商売を始める人が非常に増えたのがその要因です。
そのためのれんに家紋を入れると言うのが一般的となり、これが現代でも老舗と言われる店舗の間で引き継がれているんです。

最近では店の前に看板を立てるのがその店舗をアピールする一般的な方法ですが、これは単なる宣伝広告と言う意味合いも強く、また非常に合理的な印象が強いためあまり風情を感じさせるものではありません。

しかし、昔のようにのれんを掲げているお店を見つけると、外部から店内が非常に見えづらくなっていることもあり、店の中に入ってみたくなるものです。また従来は商品を直射日光などから守るために効果的に利用すると言う意味合いもありましたが、店の中に入っている人が外から見えにくくなるため、比較的落ち着いて店内を見ることができると言うメリットもあります。

室町時代からこのようなメリットは多くの人に感じられていたと考えられる面もあり、場合によっては対外的な影響で著名な店ほど商売が繁盛すると言う現在につながる傾向を持っていた面もあるため、非常に効果的に利用されていたと考えられます。

 


最初 悪い循環 のれん ふろしき 総評 防炎加工 おしゃれなのれん 基本 京都のれん デザインしやすい sitemap