伝統工芸のれんや風呂敷に魅せられて

大きくてしっかりしているから安心

丈夫で強い生地で作られている風呂敷は、物を包む以外の目的でも使われています。
それが授乳ケープと呼ばれるものです。

授乳ケープとは、ママさんが赤ちゃんに母乳を与える時に使う物のことで、
授乳室のない空間で他人の目を気にせず使えることから普及してきました。

しかし赤ちゃんという短い期間のためだけに、こうした商品をわざわざ買い揃える必要があるのだろうかと思うママさんもいるかもしれません。

風呂敷を活用すればそうして疑問を解決することができます。
風呂敷はしっかりとした生地で作られているため、赤ちゃんを乗せても
破れることがありません。しかもサイズも大きめですから、
赤ちゃんを包むだけでなくママさんの胸元もしっかりと隠すことができます。

授乳ケープに要求される機能を全て満たしているというわけです。

元々は物を包むために作られたものですから、赤ちゃんの授乳が終わった時には
本来の目的のために使用するよう戻すことができます。

ケープを買ってしまうとその時だけで無駄になってしまうのは確実ですが、
風呂敷ならば赤ちゃんが大きくなった後でも様々な場面で活用できるのは
魅力的なメリットと言えるでしょう。

風呂敷の機能

赤ちゃんを抱っこして落ち着かせたい時に


ある程度の重さに耐えることができる風呂敷だからこそ、赤ちゃんを胸元に抱えるためのスリングとして使用しても問題ありません。何よりも頑丈にできていますからデリケートに扱う必要がありませんし、価格が安く入手しやすいのも風呂敷の良いところと言えるでしょう。

スリングとして活用する際にはできるだけ大判サイズのものを選ぶことをお勧めします。
なぜならばオーバーサイズの商品の方が余裕ができるため、体に結びつける際にも
自由にアレンジが効くからです。

特にママさんの体型は人によって様々です。サイズの大きな商品であれば、
体が大きめなママさんでも安心して使うことができます。

風呂敷に使われている生地は十分な強度を備えているため、一般的な商品とは違って
お子さんが大きくなって体重が多少重くなった場合でも使えるという特徴があります。

病院の待合室のようにつまらない場所で長く待たされると、大きくなったお子さんでもぐずついてしまうものです。そんな時に風呂敷があればサッとバッグから取り出して、胸元に抱き寄せて落ち着かせることができます。

風呂敷を応用する

お散歩中に突然抱っこをせがんできた時などにも活用できますから、気に入ったデザインのものを一つ用意しておくと良いでしょう。

 


最初 悪い循環 のれん ふろしき 総評 防炎加工 おしゃれなのれん 基本 京都のれん デザインしやすい 京都風呂敷どっとこむ 秋のデザイン風呂敷 デザイン風呂敷専門店 授乳ケープ代わりの風呂敷 のれん設置時の注意点 sitemap

結局日本でのれんを売るというのは至極難しいかもしれないが、
風呂敷や暖簾に魅せられた私は風呂敷専門店なものをゆっくり
やって行こうと思う。