伝統工芸のれんや風呂敷に魅せられて

まとめ

結局、日本製が売れなくなったのは、

みんながもっと安いものを追いかけていった結果である。

時代の流れで仕方がないことかもしれないが、

少しでもそういう世界がなくなる形をもっていくか

ほしくないなら日本製に価値を見出さないほうが

今後良いかもしれない。

こだわらない

本当にいいものが求められる一方で、

安価なもの、簡素なものが求められてもいる。

日本の流れが変わってしまったのだろうか。

いいものが見直されつつある今の時代を私は信じたい。

見直される


最初 悪い循環 のれん ふろしき 総評 防炎加工 おしゃれなのれん 基本 京都のれん デザインしやすい 京都風呂敷どっとこむ 秋のデザイン風呂敷 デザイン風呂敷専門店 授乳ケープ代わりの風呂敷 のれん設置時の注意点 暖簾のオリジナル製作 社会人のマナー 店舗のエクステリアに最適 sitemap

結局日本でのれんを売るというのは至極難しいかもしれないが、
風呂敷や暖簾に魅せられた私は風呂敷専門店なものをゆっくり
やって行こうと思う。