オリジナルデザインの暖簾を京都のれんでオーダーメイド

暖簾のオーダーには様々な注意点があります

これからオリジナルデザインの暖簾をオーダーメイドで作成したいと考えているのであれば、
利用する店舗のイメージにぴったりのデザインのものを作成する必要があるでしょう。

オリジナル暖簾の注文においてはいくつか注意したいことがありますが、
その1つに挙げられることが綿生地にするのかポリエステル生地にするのかの選択です。

のれんの生地選びのポイント

生地の風合いや本格的な染色を求めるのであれば綿生地や天然素材を使った
引き染めがオススメと言えるでしょう。しかし綿生地を選んだ場合には、
細かいデザインを作成することが難しくなるので、調整が必要になるでしょう。

希望のデザインよりもかなり大きなものになってしまう可能性もあります。
機械染めで細かいデザインを行いたい場合には、綿生地でももちろん可能ではありますが、
裏面が白くなってしまっている可能性も考えられます。

日の光に対して色あせ等が気になるのであれば、化学繊維を使った染め方も1つの手段です。

本染の場合には色数により価格の変動するものの、化学繊維のポリエステル生地の場合には
色数が価格に計上されることもありません。そしてのれんを注文するにあたって、
そのサイズも重要と言えるでしょう。

横幅が長い場合にはすじが入ってしまうこともあるため、デザインにより
縫い目が横切ることも考えられます。デザインの段階で相談することが大切です。

京都のれんでぴったりの暖簾を注文しよう


そして暖簾を注文するにあたり、設置場所に合わせた染色や加工を選択することも大切です。
暖簾を使う場所により適正な染め色があるのが事実です。

日焼けによって色落ちすることも考えられるので、外で使う場合には、
綿生地よりも色落ちに対する耐久性が比較的高いポリエステル生地の方が良いでしょう。

ポリエステルによるのれん製作

また竹竿を通す部分の下で形も選択が必要です。さらには加工について
撥水や防炎など様々なものがあります。場合によっては併用できないものもあるため、
いずれか1つを選ぶことにもなるでしょう。

室内や商業施設などで使う場合には、法律によって防炎加工が
必須になっていることがあるため、十分な注意が必要です。

現在オリジナルデザインののれんのオーダーメイドを考えているのであれば、
京都のれんに依頼することが1つの選択肢となります。

のれんの注文に数多くの実績があり、その店舗にどのようなデザインが
ぴったりなのが、どんな過去を入れれば良いのかなど相談に乗ってくれるはずです。

ぴったりの暖簾を作ることができれば、店舗のイメージをさらに良いものとし、
これが大きな集客効果を生み出すことにもなります。

京都のれんで実際に注文された商品を参考にしてみると良いでしょう。

 


最初 悪い循環 のれん ふろしき 総評 防炎加工 おしゃれなのれん 基本 京都のれん デザインしやすい 京都風呂敷どっとこむ 秋のデザイン風呂敷 デザイン風呂敷専門店 授乳ケープ代わりの風呂敷 のれん設置時の注意点 暖簾のオリジナル製作 社会人のマナー sitemap

結局日本でのれんを売るというのは至極難しいかもしれないが、
風呂敷や暖簾に魅せられた私は風呂敷専門店なものをゆっくり
やって行こうと思う。