店舗のエクステリアに最適な装飾効果のある看板テント

タイプ別にメリットが存在する

看板テントとは店の外装部分に大きな影響を与えるアイテムで、
紫外線対策や雨風をしのぐといった実用的な目的だけではなく
宣伝をすることができるアイテムと知られています。

看板テントはフレームと布地部分に分かれていますが、
布地部分に自店の名称や電話番号、業務内容などを記載して
掲示しておくことで、看板を取り付けることなく
店の宣伝をすることが可能です。

看板テント

電飾を使った装飾よりも視覚的にわかりやすい装飾効果があるため、
多くの人が目に入れることのできる宣伝媒体といえます。

特にエクステリアとして低コストで高い宣伝効果をもたらすことから、
店舗の多くで導入しているのは事実です。

カラーバリエーションにより周囲との調和がとれた店構えにすることも
できるため、景観にある程度制限のある地域でも設置することは可能といえます。

看板テントには固定型とオーニング式と呼ばれるものがあり、
それぞれメリット・デメリットがあります。

固定式の場合、鉄骨などのフレームを作って固定しているため
風などにより飛んでいくことがなく、いつでも安定した宣伝効果を
出すことができる部分が特徴です。

店のロゴを大きく出せるのもメリットです。

対してオーニングは折りたたみできるから、雨よりも日差しをよけるために
広げたいなど、目的に合わせて使用できるのがポイントといえます。

1より小さければ小さいほどいい


看板テントを設置する場合、省エネ効果を高くするために
日射遮へい係数を利用することが重要です。

日光が室内に当たるときの熱をどれだけ遮蔽できるのかを
数値化したものと考えると、わかりやすいです。

日光を防ぐ

カーテンやブラインドを取り付けるだけでは100パーセントの遮蔽は
不可能となっています。そのため、看板テントを活用して遮蔽係数を
高くすることが、室内を省エネにつなげる一歩です。

遮蔽係数は一般的な窓ガラスで使用されているガラスの厚み3ミリメートルで
何も使用せずに開けている場合、1となります。

ブラインドなどを使ってある程度遮ることで
0.8などの数値に変化させることが可能です。

1よりも小さければ小さいほど遮蔽効果が高いといわれています。

オーニングタイプの看板テントの場合、使用する位置や大きさによりますが
最も機能性の高い物の場合には0.1以下にすることも可能です。

店の内装により設置するものは異なりますが、単独で使用することだけではなく
複数の遮蔽用のアイテムを活用して、日光ができるだけ
屋内に入ってこないようにすることも重要といえます。

設置方法や遮蔽方法で分からないことがあったら、
プロに相談してみるといいでしょう。

 


最初 悪い循環 のれん ふろしき 総評 防炎加工 おしゃれなのれん 基本 京都のれん デザインしやすい 京都風呂敷どっとこむ 秋のデザイン風呂敷 デザイン風呂敷専門店 授乳ケープ代わりの風呂敷 のれん設置時の注意点 暖簾のオリジナル製作 社会人のマナー 店舗のエクステリアに最適 sitemap

結局日本でのれんを売るというのは至極難しいかもしれないが、
風呂敷や暖簾に魅せられた私は風呂敷専門店なものをゆっくり
やって行こうと思う。